「経営と一体化したIT化が重要だ」というけれど…?

ITの強化を経営の強化に結びつける専門家とは?

無料相談実施中

では、経営とITが一体化した「IT経営」とは何でしょう?

・経営者がシステム開発する会社? ー いえいえ、経営者の方にはもっとやっていただくべき役割があります。
・外部パッケージ等を使わずに、すべて自社でシステムを開発している会社? ー その結果社会の変化に対応できない『恐竜』のような企業を知っています。
・経営戦略の実現のために、どんどんシステム化を実現する会社? ー 企業の成熟度に合わない投資やシステム化は、経営戦略実現の妨げになる場合があります。

経営とIT、連携が必要なこの2つが、なぜなかなか一致しないのでしょうか?

よく言われる原因のひとつは、両者が使う「言葉のちがい」です。
めまぐるしく変わるテクノロジーの進化についていける経営者は少ないですし、
経営的な視点を持って話せるシステム担当もなかなか育っていません。

その結果、言葉の違いが、ITの経営戦略への取り入れ方、経営へのITの活用法のズレにつながります。

そしてもうひとつは、ITを問題解決のツールだと考えるか、
IT戦略を経営戦略の一部として組み込んで考えているかの違いです。

「ハンマーしか持たない人には、すべてが釘に見える」
という海外のことわざがあります。

ITを知っている人。
特にITの効能を知っている技術者ほど、目の前の課題をITで解決することにこだわってしまう傾向があります。

「現場からの声が常に正しい」といった「現場主義」が、統一性のない、日々の課題解決へとIT技術者を導き、IT戦略を持たないままカイゼンを進めていく企業がたくさんあります。

経済産業省の「IT経営ロードマップ改訂版」では、

「IT化投資本来の効果を享受するためには、目的なく、単に現業をIT化するだけでは不十分であり、自社のビジネスモデルを再確認したうえで、経営の視点を得ながら、業務とITとの橋渡しを行っていることが重要である。このような経営・業務・ITの融合による 企業価値の最大化を目指すこと」

を「IT経営」と定義しています。

言ってることは正しそうですが、理解して実践するにはなかなかむずかしそうに聞こえます。

ITコーディネータという資格をご存知でしょうか?
ITコーディネータ協会

ITコーディネータこそが、経営とITを戦略レベルで結びつける役割を担う専門家といえます。

IT知識の非対称性、そして企業ニーズの把握不足から生まれる、IT化投資の非効率を除く
「IT経営を実現するプロフェッショナル」といえる存在です。

そして、IT環境の成熟〜IT化の成熟〜IT経営の成熟を経て、経営の成熟につなげるための、ロードマップを企業と共に描き、歩む存在でもあります。

ITに関するちょっとした相談に乗ってあげる業務から、顧問契約として継続的に相談に乗る場合、そしてIT経営実現に向けてのプロジェクト支援から自らプロジェクト責任者となるまで、ITコーディネータはさまざまなレベルで企業のIT経営を支援していきます。

弊事務所では、数々の企業でIT部門の責任者としての経験と、
中小企業診断士としての知識・経験を活かした、アドバイザリー業務を行なっております。

特に、専門のIT担当者を設置しにくい中小企業が「IT投資上手になる」ためのサポート業務を得意としております。
紹介スライド

ぜひ、経営及びITに関する課題を、共に解決していきましょう。
お気軽にお問い合わせください。

会社名[必須]
部署名
お名前[必須]
メールアドレス[必須]
都道府県[必須]
都道府県以下の住所
お電話番号
FAX
お問い合わせ内容[必須]
委託検討範囲
本文[必須]
お手数ですがこちらの画像のテキストを入力してから送信お願いいたします

captcha

Comments are closed.